催眠療法が利用される場面とは何かを説明

催眠

心のカウンセリングを受けたいと考えた場合に一つの方法として催眠療法があります。催眠と聞くとバラエティー番組で度々行われている催眠術を連想する人も多いでしょう。しかし催眠療法とこうした催眠術とは全く異なります。催眠療法の歴史は実は非常に古く、何千年も前の古体エジプトから行われている療法です。催眠療法は寝ているときと起きている状態の中間にあたるような、いわゆるウトウトした状態の意識に言葉などで誘導します。このウトウトした状態は頭や心もリラックスさせることができ、起きている状態のときには無意識の歯止めや蓋をしてしまっている状態であるトラウマや悩みについて聞き出すことが可能であるとされています。またこうしたトラウマや悩みを聞き出すだけでなく、悩みに対してのアプローチをし、問題を解決していくことも可能であるといわれています。

催眠療法を受けるメリットとは何か

昏睡状態に誘導し心療カウンセリングを行う催眠療法を受けるメリットは、まず短期間でその人の潜在的な意識やトラウマ、悩みなどの原因にたどり着くことが可能であるという点です。人間の悩みやトラウマとうのはその人の人生をたどることでもあります。急に心の病にかかってしまったわけではなく、つもりつもってしまった場合もあれば、辛い記憶に無意識のうちに蓋をして自分では思い出すことができない場合もあります。他の心療療法はどうしてもこうした根本的な原因を探るのに非常に時間がかかってしまいますが、頭と心がリラックス状態である催眠療法ではこうした原因をたどりやすいのです。またこうした状態で良い方向へのイメージを植え付けることで前向きになり問題を解決することもできるというメリットがあります。

催眠療法は場合によってはデメリットが発生する理由とは

催眠療法は潜在意識にアクセスし悩みや問題を解決することができる心身療法ですが、実はだれでも簡単に効果が得られるというわけではありません。例えば論理的、合理的な考え方をする人はどんなことにおいても分析をしてしまいがちで、自由な発想を大切にする催眠療法においては問題を解決することは難しいとされています。また催眠療法は依存性が非常に高いといわれています。そのため特に依存しやすい人はカウンセリングに依存してしまい、場合によっては催眠療法を受けたことでより精神的に不安定になってしまう可能性もあるため十分に注意が必要です。また催眠療法は専門性が高くどこでも受けられるというわけではない点やカウンセリングの費用も非常に高いため、催眠療法を受けたい場合はこうしたデメリットも知ったうえで受けるかどうかを決めるとよいでしょう。

お忙しい方でも受けやすいコースをご用意。 私たちのお店のサービス概要は催眠や瞑想を取り入れた療法での悩みの解消を行なうというものとなっています。 様々な雑誌から取材を受けています。 催眠療法で着実に自己改善することができます。 心理学と脳生理学に裏付けられた効果的な催眠、瞑想手段をお届けいたします。 心理学や脳科学に基づく、安心のトータルサポート。 催眠・瞑想による能力揮発や悩み解決はラディアンス