カテゴリー

ニュース

2017/12/25
トイレつまりに便利なラバーカップとスッポンを更新致しました。
2017/12/25
トイレがつまった際の自力の対処法とはを更新致しました。
2017/12/25
知っておきたいトイレつまりの前兆と専門業者を更新致しました。
2017/12/25
イヤなトイレつまり!自分で直す?業者に依頼?を更新致しました。

水位が上がってるときはトイレつまりの前兆

用を足したときに水道代を節約しようとして流す量を減らしてしまうと、トイレットペーパーが流れきれないで途中でつまりを起こすことがあります。レバーの大で流さなければならないのに小で流してしまうと排水管の中で止まった状態になり、次に流したときにようやく奥へ押し出される形となります。排泄物やトイレットペーパーは水の勢いで押し流していくので、水流が弱いと中途半端な位置に止まってしまい、逆流を起こす原因を作り出してしまいます。
つまりをいち早く察知するには、便器内に溜まっている水がいつもより上がっていないか目視すると早めに気付くことがあります。また水を流したときに異音がしてゴボゴボと音を立てるようになってきたら中でつまっています。つまりを発見したらトイレの使用を一旦中止して、業者に連絡して点検してもらった方が安心です。
排水管は古くなってくると尿石がこびり付いて管内の径が細くなってくることもあるので、業者に来てもらったとき排水管の尿石も取り除いてもらうようにすると流れが正常になります。トイレの修理業者は電話をすればその日のうちに来てくれます。近くを巡回していれば30分以内に駆けつけてくれるので、異変を感じたら早めに対策することが大事です。

トイレのつまりで困った場合の対処方法

日常生活の中で水回りのトラブルが起こると、緊急事態となることが多いものです。水漏れも、排水溝の逆流もすぐにでも解決したいトラブルの一例です。そして同じくすぐに解決したいトラブルと言えば、トイレのつまりです。水が流れなくなるケースが多く、この状態ではトイレが使えません。トイレのつまりは、用が足せない点において一番の緊急事態かもしれませんね。トイレのつまりで困った場合の対処方法として、まずは自力でトライしたいのがラバーカップです。トイレつまりの対策道具として広く販売されており、ホームセンターなどで購入できます。
対処方法も簡単で、これを使ってトイレのつまりが解決することも少なくありませんから、ひとつ準備しておくと安心ですね。もしこの方法でも解決できなかった場合は、すぐにトイレつまりに対応してくれる専門業者に依頼しましょう。多くの場合、水回り全般のトラブルに対応してくれる業者がトイレつまりも解決してくれます24時間365日の体制で駆けつけてくれる業者も少なくありませんから、時間や曜日に関わらず連絡してみましょう。ネットで探せばお住まいのエリアにも、必ず複数の業者があるはずです。事前見積りの提示がある業者で料金システムが明確に分かり、さらに対応が丁寧な業者がおすすめです。料金比較もして、最適な業者を選んで依頼しましょう。

ピックアップ

人気の記事

トイレつまりに便利なラバーカップとスッポン

自力でトイレのつまりを解消する方法 トイレが詰まった場合、皆さん焦ってしまいますよね。トイレが使えなくなったら大変なので、つまりを急いで直そうとしてしまいますが急いでも良いことはありません。いきなり業者を呼ぶのも良いですが、よほどでない限り自分でも直せることがほとんどです。まずは自力で直してみ…

More...

トイレがつまった際の自力の対処法とは

トイレが詰まった時の対処方法 日ごろ何気なく使っているトイレですが、もし流れなかったときはどうしたらいいのでしょうか?まずは何度か水を流してみると思いますが、詰まっている時は何度流しても詰まっているので水はたまる一方です。そんなトイレのつまりを直す道具としてまず思い出すのがラバーカップです。ラ…

More...

知っておきたいトイレつまりの前兆と専門業者

水位が上がってるときはトイレつまりの前兆 用を足したときに水道代を節約しようとして流す量を減らしてしまうと、トイレットペーパーが流れきれないで途中でつまりを起こすことがあります。レバーの大で流さなければならないのに小で流してしまうと排水管の中で止まった状態になり、次に流したときにようやく奥へ押…

More...

イヤなトイレつまり!自分で直す?業者に依頼?

トイレつまりを業者に頼むか自力で直すか トイレのつまりの場合、業者に頼むか自分で解決するかという事になります。そんなトイレのつまりの場合よくあるのはトイレットペーパーが原因となるものではないでしょうか。この場合はトイレットペーパーが水に溶けるようになっているのでだんだんと解消します。しかし量が…

More...

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加